このエントリーをはてなブックマークに追加

「サイトを持つか?持たないか?」企業がコーポレートサイトを持つメリット5つ

2013/09/30 │
192

自社サイトがあると
どう儲かるの?
どうモテるの?

  • とにかく存在証明になる
  • 企業のブランドイメージを向上させる
  • ユーザーサポートを円滑にする
  • 待ちの姿勢でビジネスチャンスが舞い込む
  • 待ちの姿勢で良い人材が舞い込む

社長

みんな!わが社もコーポレートサイトを作るぞ!


主任

また社長がミーハーな事言いだした。
やめましょうよ。うち、インターネット系の商材扱ってないじゃないですか。


コンサル

いえ、作るべきです。


主任

またお前か。人を指差すな。


コンサル

そもそも、ネット商材なんてなくても企業サイトは持つべきなんです。


社長

でしょでしょー!・・・でもどうして?


1. とにかく存在証明になる

インターネットやスマートフォンが普及しきって久しい昨今、「目的があればすぐ検索、社名が分かればすぐ検索」が常識となっています。それは、インターネットショッピングをする際に限られません。単に近所の電気店や雑貨屋の実店舗を探すときでもそうです。


そこでホームページが見つからなければ・・・どうでしょうか?

  • そもそも店舗や会社が存在する事に気付いてもらえない
  • 店舗や会社の事を知っていても、今日現在、どういう形で営業を続けているのかも分からない

今やあらゆることをインターネットを通じて調べられる時代にあるからこそ、ネットユーザーは、今現在どう営業しているかを事前に調べられない場所を訪れようと思いません



社長

うちは下請の工場だから客とか来ないのだが、コーポレートサイトを作ればかわいいギャルが見学にくるかね。


主任

来るわけないでしょう。男くさいし。社長はつるぴかだし。


社長

なんか言った?


コンサル

下請の工場の場合でも、未来の取引先や、未来の社員にその存在を見つけてもらう必要があるんです。


2. 企業のブランドイメージを向上させる

あなたがある企業のコーポレートサイトにアクセスした際、10年前に作られたような時代遅れのデザインで放置されていると、


「何年間もサイト更新してないなーコレは。」
「企業の誰も広報的な活動を意識してないんだろう。」
「仕事を回すので精いっぱいなんだな。」
「少なくとも景気は良くなさそう・・・。」
・・・等と、マイナスの事ばかり想像してしまわないでしょうか?


Webサイトは、世界中に公開される看板です。インターネットユーザーはその看板の印象で企業のイメージを決めてしまう傾向にあります。そこでこれを逆手にとり、企業イメージをサイトを使って向上させましょう。 企業サイトはデザイン力でいくらでも大手企業にも勝てる可能性があるのです。

   
美容室MINX
http://www.minx-net.co.jp/index2.html
センスをウリにする企業であれば、スタイリッシュなデザインに。
(デザイン会社、美容室、アパレル関係等)
東陽理化学研究所
http://www.toyorikagaku.com/
技術に自信がある企業であれば、経験や技術をアピールできるデザインに。
(製造業、印刷業等)
アメリカンホーム保険
http://www.americanhome.co.jp/
信頼感を第一に考えるのなら、大手感のあるデザインに。
(食品メーカー、旅行会社、保険会社等)
伊達クリーニング
http://www.date-clean.co.jp/
地域密着型の企業であれば、温かみのある優しいデザインに。
(小売業、クリーニング等)

社長

うちはあのトヨタを超えるつもりだから、Webサイトにはセンスも技術も信頼感も温かみも必要だ。


主任

センスも技術も信頼感も温かみも無い会社…って事を正直にWebサイトで伝えましょう。


社長

・・・。


コンサル

Webサイトなら、少ないコストで大幅に企業イメージを向上させられます。
国民総ネット社会の今、中小企業にとって最も効率の良い武器なんです。


3. ユーザーサポートを円滑にする

ここ近年ネットに慣れたユーザーが一般化し、商品やサービスについて不明な点やトラブルがあった際、すぐ電話で問い合わせるのではなく、まずサイトで解決方法を探すのが常識となりつつあります。



いわばコーポレートサイトはユーザーが最初にたどり着くサポートの最前線。ここに商品やサービスについての「良くある質問と解決(FAQ)」や、「マニュアル」、「お問い合わせフォーム」等を設置する事で、ユーザー・企業の双方にストレスやコストの原因となる電話対応のやり取りを軽減する事が出来ます。(もしその商品やサービスの専用サイトがあればもちろんそこに誘導するのがベストです。)


社長

うちは「やり直せ」とか「詐欺だ」とかいう悪質なクレームが多くて困っとるんだが、これはクレーマー対策にもなりそうだな。


主任

戦時中レベルの品質ですからね、うちの商品は。いつも僕がクレーム対応してんすから。


社長

Web上でのサポートをメインにするから、君は明日から来なくていいよ。お疲れ様。


コンサル

電話対応が減るメリットに加え、Webでのサポート体制の充実は、商品・サービスの信頼性を格段にアップさせるんです。


主任

・・・え?


4. 待ちの姿勢でビジネスチャンスが舞い込む

ネット商材を扱っている企業はもちろんのこと、そうでない企業でも、ネット文化の普及により「社名でGoogle検索」が常識化した影響で、コーポレートサイトには一定数の安定したアクセスが発生します。普段から企業活動やリリース情報をある程度更新しておけば、来訪者に信頼感を与えられるだけでなく、提携募集などの告知に対して反応が得られるようになるでしょう。


コンサル

コーポレートサイトは有能な広報ツールなんです。サイト経由の問い合わせで大きな提携話が決まったりする事もざらにあります。


社長

なるほど、主任がいなくなった穴を埋めて余りあるメリットだな。


5. 待ちの姿勢で良い人材が舞い込む

採用活動、どのように行っていますか?
大手企業ならまだしも、普通の中小企業は、必要な時に求人サイトに出稿するのが普通の流れでしょう。しかし、コーポレートサイトに求人情報を掲載しておけば、意外と来るのです。ネットに強く、行動力のある若者の応募が。


メリットは以下の3点です。

  • 求人サイトに出稿しなくてもいいからコストゼロ
  • 応募してくるのはITリテラシーが高い人材のみ
  • 何より、就業条件よりも、会社に魅力を感じた人材が集まる

もちろん求人サイトと違って、用意された管理画面でのやり取りが出来ない分、面倒な点もあります。そもそも会社の知名度やWebサイトの露出具合によってはほとんど応募が無い場合もあるでしょう。
しかしその分、コストはゼロ。タイミングの悪い時期に応募があった場合は採用しなければ良い。つまり基本的にマイナスはないのです。むしろ、やる気のある優秀な人材が向こうからやってくる仕掛けを作らない手はありません。


コンサル

コーポレートサイトからの応募者は求人広告経由と違って「条件目的」ではなく、「この会社が良い」という名指し応募なので、モチベーションが高いんですよ。


社長

それは便利だ、すぐ求人情報ページを作ってくれ。









——————————————-1週間後——————————————-


主任

お久しぶりです。コーポレートサイトから応募しました。


社長

本当だ、名指し応募きた。


まとめ
コーポレートサイトは作った方が良い。知らないうちに数多くのチャンスを呼び込んでくれる。

本記事で紹介した5つのメリットの通り、ネット商材を取り扱わない企業・お店であっても、コーポレートサイトを作る意味は大きい。「とりあえずつくっておこうか」のノリでも結構。見えるメリットも見えないメリットも、後からずーっと付いてくる。

社長

我が社にコーポレートサイトは必要だな!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ